スポンサーリンク

恒例のキャンペーン『商品販売と捉えられるこのイベント』にはスキルが必要

2017-01-14

7月のサロンワーク終わりました〜!課題点、反省点をミーティングで早速、確認。

7月予算クリアできました。かんぱーい

ありがとうございます。

7月ってサロンで何かキャンペーンや感謝祭のイベント事が多いような気がします。

いろんなイベントがあると思いますが、GRANDグループでは7月と12月に全店共通【お客様感謝祭】『店内化粧品20%OFFキャンペーン』を実施しています。
(もう恒例中の恒例、我が社ではイベント等、店舗別で動いてOKなんです。もちろん稟議書が必要です。←適当な稟議書なんて認められませんw)
そんな恒例のキャンペーンですが『商品販売と捉えられるこのイベント』にはスキルが必要なんです。

得意不得意では無く、スキルが有るか無いか

スキルに限ってはスキルを身に付けようとするかしないかとも言えます。
なぜ、スキルが必要かと言うと、不得意、スキル無し、身に付けようとしないスタッフが自分を棚に上げて言い訳ばかりするからなんですよね。(ホントはスキルなんて要らないんですよ。要るのは職責。)

もし、店長がそっち側だったらもう最悪。
(そっち側の店長なんて、今はいないけど昔はいたかもw)
あえて販売しない的な思考の店長。そんなスタッフ達は店内販売の意味を理解していないってコトなんですよね。しかも店長がそっち側の場合、そんな事を自分の部下に伝えられない、指導できない、教育できない、の最悪な状況なんです。
(ん〜よくそれで成り立ってたな〜)
そんないろんな解釈の履き違えがあったりする。

やっぱり店販ってココが勘違い所

『押し売り』か『聞き売り』か

「いつもお使いのワックスとかスタイリング剤は無くなってませんか?」
このフレーズも押し売りです。スタッフが確認の為に聞く事が多いこの言葉もお客様からすると押し売りフレーズになり得るんですよね。

今必要なのは実際の現場で信頼できるプロからのアドバイスなんですよ。これからはアドバイスの重要性が今まで以上にどんどん増してくることになります。

インターネットの普及によりモノや情報が散乱

WEB検索をすればある程度調べられるということはシャンプーの口コミや、情報サイトでどんな商品か調べられる。しかもネットショップでの買い物も簡単にできる時代です。

でもそれと『理美容室でモノが売れなくなる』は違います。

それは『関係性』と『簡易性』のバランスです。

簡単に出来るネットショッピングの裏側には
『お客様は商品や情報を的確に選ぶことが難しくなる』ってことがあります。

要は自分に合う商品がわからなくなっちゃうんですよね。

たくさんの情報を得れるということには、間違った情報も入ってきてしまうし、たくさんの種類の商品から選び抜かないといけない。
それが楽しい内は良いんですけど、その内使わなくなった商品が勿体無く感じる時がくると思うんですよね。

理美容師がお客様にヘアケア剤、スタイリング剤をコンサルする

理美容師がお客様に伝えることがとても重要になってきますが、商品価値や商品の特色をしっかり把握することが大切です。

それが勉強になるし、ヘアケアの知識はとても大切なこと。

それと、理美容師はスタイルを販売しています。

提案したスタイルには

「スタイリング剤での再現方法」

「ヘアケア剤での維持方法」

「シャンプーでの素材、地肌管理の方法」

のアドバイスが必要なんです。

このアドバイスをしていないって理美容師としてお客様のヘアスタイルの『今』しか見ていないんですよね。

だけど売り込み厳禁。まずはお客さまとの関係性づくりから

モノがあふれている今は、何を買うかではなく、誰から買うかなんです。初めて会った人に勧められるより、お互いをよく知っている人、信頼できる人から買う方が楽しいし安心できるから。売ることを目的にするのではなく、『この人から買いたいと思ってもらえる関係づくりをする』が大前提です。

新規のお客様のまだ浅い信頼関係でも関係性作り次第では短時間でもこの人から購入したいと思うものです。

 

お客様との会話の中で意識したい事はこれ

・売り込みをせずお客さまに欲しいと感じさせる。

・本当に良いと感じた商品で得た体験を、お客様目線の言葉で伝える。

・感動していただける体験を提供する。

 

 

店販品が順調に売れているサロンは何をしているか敏感に反応して吸収できるスケールメリットを活かしましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グランド理美容株式会社

http://www.grand.ne.jp/

スタッフ採用*中途採用*2017新卒者情報

http://ameblo.jp/allgrand/entry-11870618350.html

 

 

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク