スポンサーリンク

待ってても仕方がないからねぇ

2017-01-14

他力本願で誰かが何かをやり始めるのを待ってたらいつまでたっても始まらない。
何かを始めようとして時は何かが犠牲になる。
それは時間であったり労力であったり人によって犠牲にするモノはいろいろ。
始めたいと思う気持ちを大事にするべきだと思います。

img_1914.jpg

 

誰かがやり始めて便乗してもイイんじゃない?

何かをやり始めるには気分が乗らなかったり、できないと思ってしまう理由がたくさん出てくるもんなんですけど、たいていそれが面倒で結局何もやらない・・・ってことが多いんですよね。

これって自分だけでは無くて他の人もみんな一緒。

何かをやり始めるスキル的なリーダーシップみたいなモノは向き不向きもあるし、性格もある。
それが良いとか悪いとかでは無くて、何もできない自分って責めなくていいと思うんです。
ただ、誰かが何かを始める事に興味を持つ。

この興味を持つってとても大切だと思うんです。それで共感できる部分が少しでもあるなら思い切って便乗しちゃう。
その思切った便乗に後ろめたい気持ちを感じる必要なんてないですよね。

 

便乗しちゃったら今までと何かリズムが違ってくる

何かをやり始めるきっかけなんてタイミングがほとんどです。
やり始めたら今まで必要なかった時間が必要になりますよね。今までのリズムとは少し違ってきます。

そのリズムに慣れるまで何かを犠牲にしている気持ちになるかもしれませんがその犠牲にしている時間や労力なんて打ち込む気持ちでカバー出来ちゃいます。何かをやり遂げたら自分は今までの努力ぐらいなんて事なく感じるものなんです。

誰かが始めたことに共感することって、自分でも感じていたことや始めたかったこと羨ましく思っていたことなど前向きな感情なんです。

 

誰かが何かをやり始めるのを待っていては何も変わらない事は心の中では解っていますよね。

自ら何かをやり始めたいけど、それもなかなかできない事もありますよね。

気持ちだけでも準備できていれば何かが変わっていくことがあります。

その気持ちを持てることが成長しているということかもしれませんよ。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グランド理美容株式会社
http://www.grand.ne.jp/

スタッフ採用情報

img_4785.jpg
https://jp.stanby.com/ats/grand/jobs

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク