スポンサーリンク

たぶん、ある一定のところまでは必死さがいるんだと思う。

最初からうまくいく…。

最初から全てがうまくいくことなんて稀。

中には偶然が重なって最初からうまくいくこともあるのかもしれません。
 

踏ん張りどころが差をつける

 
成功イメージは全員にあると思います。

理想であったり、こうなったら良いなって思うことはありますよね、なければ行動に移さないし。

でも実際やり始めるとその理想やイメージとはかけ離れていて、「あれ?ちょっと違うぞ?」って感じ始める。

そのちょっとしたズレって最初からうまくいかない限り出てくるんですよね。

もちろん、やり始める前のリスクマネジメントで想定通りの範囲内であれば良いんですけど、いくら何でもそれが長続きしてしまうと…。

気力も無くしてしまいますよね。

でも

それが『普通』でそれをほとんどの人が感じている。

そこから踏ん張って伸びきることができた人のみが見れる景色がそこにあるんですよね。

きっと・・・
 
 
足の引っ張り合いがあったり、共感者が現れなかったり、協力者がいなかったり。

いろいろな問題や試練が出てくるんです。

それでも四苦八苦しながら頑張っている人にはご褒美があるかもしれない

手を引っ張ってくれる人との出会いがあるかもしれない。

ボーナスステージがあるかもしれない。

四苦八苦しながらも踏ん張るチカラが自分のスキルアップになっていく。

その時に感じるコト、見えてくるモノ、対処する方法、その時にしか身につかないスキルが他にもたくさんあります。

『踏ん張っているときにはなかなか見えないその景色』はある一定のところまでいく必要があることを理解しておきたいところですね。

 

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク