スポンサーリンク

店長次第だって事を店長が自覚しろ

なんだかんだ言っても店長次第なんですよ。

良い会議をしても、意味のない会議でも何をサロンに持って帰るのかって結局その会議の参加者次第。

何かを掴めば良い会議だし

意味のない会議だと思えば何もない

店の長なのにそれでいいのか?自分で気づけ。

サロンの長で会議に参加する。

サロンの長で方向性を決める。

サロンの長で教育する。

サロンの長で意思決定をする。

サロンの長でまとめる。

店長って大変だと思います。

でも店長もやっぱり意識が大事なんですよね。

都合の良い時だけサロンの店長

都合の悪い時は一社員

そんなふうになっているかどうかなんて、サロンの店長なんだから誰も言ってくれません。

自分で気づくしかありませんよ。

特に教育に関してはかなりの影響があると思います。

スタッフは常に上を見ていますからね

ただ楽しい店長

ただ優しい店長

ただ怒る店長

ただ叱るだけの店長

ただ居るだけの店長

それだけでは店長の器が小さ過ぎます。

店長はスタッフと向き合って、ちゃんと導く。

良い事は褒めて

悪い事は叱る

店長は店長の仕事を勉強して店長として伸びるべきなんですよね。

ちゃんと勉強してたら店長としての器も勝手に大きくなるし

楽しい店長、優しい店長でもメリハリが出る。

ホントはね…

ただ叱るだけでよくなるし

ただ居るだけで十分なんです

そうなってくるんですよね。

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク