スポンサーリンク

27期『石鹸の会』始まりました。4期連続・・・またお世話になります。

石鹸の会は仕事終わりの疲れた頭に楽しく優しく入って

難しい言葉より、実際に後輩に説明できる身近な言葉で勉強できる会です。

(講師Charm/MARCH代表塚本社長のFB文お借りしました)


いつもありがとうございます。

27期は遠方の滋賀や広島からのオーナーさんも受講に来られ50名近く受講されています。

そんな方々がまだまだ自分の幅を拡げようと行動に移しています。

自分もまだまだ気付きを頂きたい。

そう思って今期も勉強させていただきます。

自社でもこの勉強をベースにした『DOORの会』があります

今期は13名のスタッフが受講します。

インプットしてアウトプットすることで数倍の勉強量になりますよね。

逆算で、アウトプットするためにインプットしようとすると

見え方が違ってくるものです。

『石鹸の会』では1枚のプリントのみの内容ですが

その説明の仕方内容のかみ砕き方

講師Charm/MARCH代表、塚本社長がおっしゃる

難しい言葉より、実際に後輩に説明できる身近な言葉

がとても勉強になっています。

プリント1枚の内容に講師の言葉が重なり、

インプットするだけだったら聞くだけでうなずく言葉も

アウトプットするためなら、聞いてうなずて書き留める。

内容と書き留めた言葉を見直して【自分の説明に置き換える言葉】になります。

それだけじゃないんでしょうけど

そういうことが『学ぶための学び』になるわけです。

だんだんと学ぶ機会が少なくなってくるスタッフも多いかと思います。

イチサロンの店長や会社の幹部が勉強してなくて

部下に勉強しろってのは言いたくない。

学びが”ほかにやることがあります“とか”まだ早いかな“とか言ってる内は勉強できません。

自分が勉強する時間を確保する、もしくは作る

急に決まった時間を押し付けられているわけじゃありません。

この『石鹸の会』も『社内の勉強会』も

年間でスケジュールが決まり、事前に発表されているわけです。

自分の学びの時間を確保するかどうかは自分次第です。

そんなところからも【学びのための学ぶ心構え】があるように感じます。

自社スタッフにはそういう基本的なところを強く持ってほしい

そう思って石鹸の会27期は4名で参加させいただきます。

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク