スポンサーリンク

マイナスの考え方を持っていたらプラスもマイナスになる。4年目ぐらいまでかな。【初めが肝心】なんです。

新入社員の皆様

社会人になって早2ヶ月・・・

イメージしていた事リアルな現実では多少のGAPも感じるでしょう。

だからちゃんと先輩に相談したり、悩みを打ち明けたりして

逆に指導もしてもらいましょうね。

だいだい月一で各年代のセッションをやっています

先日は1年生セッションをやりました。

会社や社会ってどんなんだろうと希望不安入り交り、入社して良くも悪くも社会人を感じていると思います。

自分達のような接客業、直接お客様と接する仕事は

対人スキルが重要なことは当たり前なんですが

実務と理論をリアルに感じながら

日々のサロンワークにある出来事どう捉えるか

受け入れる【考え方を学ぶ】ということも重要なんです。

マイナスの考え方を持っていたら実務と理論のリアルな出来事が全てマイナスになってしまう。

実務と理論なんて、今の段階ではプラスしかなくて

まだまだ慣れていないんだから【毎日全力】

もっといえばプラスやマイナスなんて感じてる間も無く毎日が速く過ぎていってしまう時期です。

ようやく慣れてきた頃の考え方は【初めが肝心】なんですよね。

【初め】といっても4年目ぐらいまでの基礎の考え方が肝心で・・・。

その中でon the jobで学べる考え方

off the jobで学べる考え方を区別して

『off the job』を中心にセッションで共有しています。

「イメージとリアルのすり合わせ」「なぜ働くのか?」「人間力とは?」「大人世代とは?」など

on the jobで感じたことを噛み砕いていくんですよね。

「正しい考え方」よりも「間違わない考え方」を中心にセッションしている

現実問題・・・9割はサロンワーク、現場、サロンスタッフの影響力で占めます。

当たり前ですよね、目の前の問題や課題を受け入れさせるのはその時の先輩や上司です。

そしてたった1割がoff the jobです。

でもこの1割をとても大切にしています。

『サロン外でいつもと違う人の話を聴く』という必要性。

サロン内でミーティングするのと、近くのカフェでミーティングするのとは気持ちが違いますよね。

そういった距離感もうまく使いながらセッションをおこないます。

今回は

・2ヶ月のサロンワークを通じて感じたこと

・自分のレッスンカリキュラムは管理できているか

・理容師・美容師って?

・技術を習得することとは

など

セッションを通じて意見交換できました。

2年目・3年目・4年目になるにつれて

ちゃんと成長するんです。

それが楽しみでもあるんですよね。

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク