スポンサーリンク

元祖せっけんの会【QSC&V】をサロンワークに。

2017-07-16

先日も新せっけんの会に参加させて頂きました。

石鹸の会は仕事終わりの疲れた頭に楽しく優しく入って

難しい言葉より、実際に後輩に説明できる身近な言葉で勉強できる会です。

いつもありがとうございます。

今回はのテーマは「流行っているサロンと儲かっているサロンの違い」

・・・が

特別に【元祖せっけんの会】を受講できるというスペシャルな回になりました。

元祖せっけんの会【テーマはQSC&V】

QSC&Vとは(Quality品質,Serviceサービス,Cleanliness清潔さ,Value価値)

QSC&Vはマクドナルドの考え方・レストラン・ビジネスの理念とされています。

それを理美容業に置き換えても同じ事ですよね。

Quality=技術

Service=接客

Cleanliness=清潔さ

Value=価値

内容はQSCVのバランス、そしてこれの深堀でしたが・・・

何より今回は・・・

元祖せっけんの会【師】村瀬社長新せっけんの会【師】塚本社長

このお二人の掛け合いや『見える信頼関係の姿勢』と『目には見えないはずの師弟関係』が見えて

ほんとにスペシャルな回、内容はQSC&Vだけでした。不満ではございません

下ネタあり、受講生との掛け合いあり、いきなり受講生のファーストネームを聞きだし(聞きだし方が慣れてる)呼び捨てにするフレンドリーさ、誰にもマネができない独特のリズム、村瀬社長・・・クセになりそうです。

ひとりひとり、最後に感想が言える機会を頂いていますが

いつもラストを締めて下さる、久利さんの感想に共感しました。

素晴らしい講師って

受講生に伝えて考えさせて応えさせる

そして楽しませる

気づきを与えて、物語を作れるか。

あぁなるほど・・・。

村瀬社長は、まさにそんな講師でした。

 

 

新せっけんの会の内容をDOORの会として自社向けに勉強会をさせて頂いていますが

まだまだ自分は伝えているだけ、話しているだけだなぁ~

もっと受講生の立場になって考えないとね。。。

 

ほんと今回は村瀬社長と塚本社長の信頼関係師弟関係が楽しかった。

(楽しかったって書くと失礼なんですけど嬉しかったというか、あぁ師弟関係っていつまで経ってもそうなんだなと・・・)

 

技術職って【師匠】が必ずと言っていいぐらい必ず存在します。

でも【技術の師匠】以上に【人間の師匠】が必要だと思っているんですよね。

【技術の師匠】よりも【人間力の師匠】、それよりももちろん【その2つを兼ね備えた師匠】

そんな【師匠】がいたら幸せです。

 

自分が感じたのは

【師匠の存在】よりも

【弟子の存在】(今でも師匠とは言うけど弟子とは言わないかな)

『技術の弟子』はたくさんいても

【人間力を認めてくれた弟子】はなかなか少ない

【その両方を認めてくれた弟子】はほとんどいない

 

でもそれって先輩としても、1人の技術者としても寂しいもんですよね。

 どんなに素晴らしい師匠が存在しても、自分が素晴らしい師匠にならないと。。。

素晴らしい師匠になるということは、素晴らしい弟子が存在するということになりますね。

 
なんか、そんな事を思った勉強会でした。

 

自分を認めてくれてる弟子はいますか?

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク