スポンサーリンク

新せっけんの会、テーマは『係数管理2  コスト・財務』

8月11日(金)は山の日、祝日でしたね。

山の日は2016年から毎年8月11日が【国民の祝日】として実施。

だいたい13日からお盆なので、お盆と合わせるなら12日なんでしょうけど1985年/昭和60年、8月12日は日航ジャンボ機墜落事故・・・

12日から1日ずらした理由ですね。

そんなお盆、山の日(祝日)にたくさん集まって勉強会が始まりました

今回の新せっけんの会

テーマは係数管理1・2 (流行っているサロン・儲けているサロン)(コスト・財務)』

前回が特別講習会だったので

今回は2テーマ同時に開催されました。

今回からウチのスタッフが5人参加させて頂いてて、感想聞いたら

ちょうど

前回受講予定のテーマを自社勉強会『doorの会』で予習的に勉強できていたので

復習のようで『わかりやすかった』ようです。いや、『元祖』ですからせっけんの会の方がわかりやすいですよ

今回はたまたま復習のように受講できましたけど・・・

でも

それって

サロンで何度も復習すれば

「もっとわかるんじゃない?」

今回の内容にもあった【「生き金」「死に金」の見極め】はコスト感覚ですからね。

ケチくさくない【節約くせ】を身につけるには繰り返しと訓練

『復習して意識ができて・・・』それが一番大事です。

なぜ係数管理をするのか?

現状を把握して効率化する(無駄を省くこと)

現状を把握して安定した経営を行う

現状を把握して未来のための予測を行う

効率化や安定、未来のための予測も大切なんですけど

『現状を把握することが重要』

そうですよね。

どれだけ良いことをやろうとしても

現状を把握してなかったら大変です。

でも現状を把握するのも

色々難しい計算や分析などがあります。

数字が難しいと思われている理由が・・・

無理やり覚えないといけない時がある

実感がないと覚えにくい

頻繁に使わないと覚えない

そんな理由で。。。

でも

覚えてしまったら意外と難しくありません。

カラー剤の比率とかグラム数など

頻繁に使う数字は覚えていますからね。

次は在庫管理や利益の考え方

利益を増やす直接的なアクションは無くて

売り上げを上げるか

コストを下げるか

その方法しかありません。

ウチの会社でも

そんな内容の話を頻繁にしますが

美容師は売り上げの方に興味が強くて

理容師は利益の方に興味が強い傾向があります。

(思いっきり自社の話です。全ての理美容師さんではありません。)

でもどちらも正解で

その「どちらかだけ」だったらダメだよ。と。。。

たしかにそうですよね。

両方大切ですし

ちゃんと意識するべきです。


今回も気づきを頂いて、感謝です。

いつもありがとうございます。

 

 

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク