スポンサーリンク

トライやるウィークで【先生がお客様】!?

2018-05-23

今週はトライやるウィークで

西宮市立塩瀬中学の生徒が来ています

【トライやるウィーク】って平成10年度

兵庫県教育委員会が「心の教育」の充実のために始めた事業で地域の体験活動で、ともに生きる心感謝の心を育み、「生きる力」を育てるというねらいなどもあるようですね。

そんなトライやるウィーク、少しでもお互いに刺激になれば!と、この数年受け入れさせてもらっています

理美容師の仕事の喜びってソコじゃなくて

トライやるウィークとはいえ

理容室、美容室での活動内容は

掃除や洗濯、準備に片付け、間接的な接客に限られてしまいます

スタッフが忙しくしていたら、手が空いているトライやるウィーク生徒は見学です

この数年トライやるウィーク中

まだ中学2年生の子供たちが

この体験で良くも悪くも理美容師という職業のイメージが間違って伝わらないように

どうすればいいのかな?と思っていて・・・

スタッフの手が空いたら

人形を使ってアレンジ体験したり

ハサミを持ってもらって人形のカットしたり

パーマ巻の体験したりして

理美容の技術の体験をしてもらうしかありませんでした・・・

まぁそれはそれで楽しんでくれてたし

良かったんですけどね・・・

技術を覚える事って理美容師にとって、確かにそれ無しでは仕事になりません

でも、その技術を通してお客様に「喜んでもらう」「感動してもらう」

それがあるから技術を覚えよう!って思うわけで・・・

仕方の無いことかも知れませんが

トライやるウィークで来てくれても直接接客はできません

だから、何か良い案がないかな?と思ってたら

今日は西宮市立塩瀬中学校の先生お2人がお客様でご来店

先生達、仕事中なのにカットするってことは学校でも、トライやるウィークの生徒達に協力的な行動は積極的に!な流れなんでしょうね

とても良いことだと思います!

先生から「構わないので生徒にできる範囲で対応させて下さい」って予約時に連絡があって

そう言ってもらうと

こちらで生徒と接客の作戦会議です

先生が何時に来られるから入り口を気にかけといてね!

先生が来たら荷物お預かりしてね!

席までご案内してね!

首元にタオル掛けてね!

カット終わったらカットクロス外してね!

髪の毛の床掃きしてね!

席からレジまでご案内してね!

毛払い済ませたらレジやってみてね!

などなど色々できます

技術はできませんが、直接的に近い接客ができます

この作戦でお客様(先生方)に喜んで頂ければ・・・やって良かった!って必ず思います

理美容師にかぎらず、接客させて頂くまでにも覚えることが多々あって大変ですが

仕事のやり甲斐とか楽しさとか喜びって後で感じるモノ

お客様に感謝して頂いて初めて実感できるモノなんですよね

そういった意味で自社教育や新入社員に対する考え方も変える必要があるかもしれない

トライやるウィーク生にはこちらも刺激を貰っています

だから体験ではそれを真っ先に感じて貰いたいですね

先生の皆様、ご苦労様でした。

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク