スポンサーリンク

【人の立場になって物事考えること】が僕の中で最優先事項。

宝塚と今津の店舗がエリア制になりました。

『今津店を宝塚店色に染めてしまおう』とか『宝塚店がダメだから』『今津店がダメだから』なんて事はこれっぽっちも無くて、

「宝塚店が」今津店の良い所、宝塚店に無いところを吸収

「今津店が」宝塚店の良い所、今津店に無いところを吸収

そういうことなんですよね。

人の立場になって物事考えることから全ては始まる

人の立場になって物事考えることは僕の中で最優先事項なんですよね

聞く時も叱る時も伝える時も、

教える時も教わる時も何かしてもらった時も、してあげる時も。。。

例えば叱る時も、相手(叱られているスタッフ)の気持ちを【考えた叱り方】って必ずあります

叱られる時も相手(叱ってくれているスタッフ)の気持ちを【考えた叱られ方】があります

この関係性がズレているときは真意が伝わっていません

『叱り損、叱られ損』です・・・

結局スタッフ間の人間関係ってこんなところから人間摩擦が起こって

先輩に理不尽なことで叱られたので納得できないです・・・

後輩が想うように育ちません・・・

ってなる。。。

そりゃ全部自分を棚に上げてますからね・・・お互い

「相手の立場になった振り」して自分の都合しか考えれていません

何事も【相手がいるから自分が育つ】

周りに育てられているからそんな環境は考え方一つで激変する

なかよしこよしのぬるま湯の環境なんて必要ありません

仕事には必ず厳しさが必要なんですよね

その厳しさを理解するためには

人の立場になって物事考えることから全ては始まっていくわけです

エリア制になって

より多くのスタッフと価値観を共有していきます

みんなを統一させるなんて全く考えておらず

逆にみんなのオリジナルの考えをどんどん教えて欲しい!

みんなだったらそれを必ずやり通せるから

ただ・・・根っこの部分

【相手の立場になって物事を考えているか】

そこは意識してちゃんとやっていこう

そうすると、、、

今までとサロンの景色が違って見えてくるんですよ

★エリア会★

今回は体調不良スタッフなどもいて全員集まれなかったけど、今度は全員参加でよろしく。

The following two tabs change content below.
山本 近史 1977年8月13日 兵庫県神戸市出身 GRAND理美容株式会社・(株)神戸グランド 統括教育マネージャー grand宝塚南口店サロンマネージャー 理容美容専門学校卒業後20歳でGRANDに途中入社。京都店配属後6年でサロンマネージャーに就任。4年後30歳の時に阪神NEXT今津店に転勤、今津店2年目32歳の時に統括教育マネージャー就任。33歳で宝塚店に転勤、現在に至る。

スポンサーリンク